検索
  • selfcrea 石原千紗子

魂の両親

膨大な魂の旅をしてきているので、

(地球の輪廻に振り回されない限り)

現世での両親に愛された実感がなく、傷ついていたとしても、

膨大な数の魂の両親がいます。


現世はとても大切で生まれようと思ってもなかなか生まれられないようですから、


現世の両親もとても大切ですが


そこに愛をかんじなかったからといって、

得られた実感がなかったからといって、


絶望感を味わいたかったからといって


そこから抜けられないわけではありません。


愛情がないと

生命を維持することはできません。

一瞬だって

そもそも生まれることもできません。


それは、人間的な愛が、ということではなく

空間に満たされている愛がいつ何時もあるということに違いないと思います。


人間の愛も、

両親から感じなくても、

だれか目上の人や、他の人で、愛情をかけてくれた方がいたかもしれません。


一人で部屋にいるときも


誰かの愛情が少しでも込められた家具や建物の中にいたり

空間にも


自分自身が今あるということは

自分自身も愛をもって自分を生かしている

いかされているということ


そういう風に思います。


ハードモードを体験するのも自由意志ですが

自分の中でハードモードを繰り広げるのは

時代遅れかもしれません


想定以上に楽しい世の中になってきているので



12回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

地球に生まれたからには

デクラスが始まっていろんな事実が浮上しておりますが 一通り何があったのかを理解したのちに 新しい地球を作っていく 夢を描くということだなと思います。 いつまでも二元論にかかわっているとせっかく空いた檻の中にいつまでもいることになりかねないと自分自身凝りました。 なぜかご神事にかかわることが今年出ておりますが、 今のところ私の結論は 神は存在しない です。 超高次元ではるかに神と呼ぶしかない宇宙存在

先祖からの影響からの解放

本人は悪くないのに、先祖からの影響でいわれのない苦労をなさっている方がたくさんいらっしゃいます。 そこから解放することも一生懸命考えたり探しております 一方でどういう生き方が 先祖としても子供たちや周りの方々(人間以外も)に迷惑をかけないものかということを考えています。 そんな中、この動画が出てきました。 https://youtu.be/5QjSMcU6lkQ (アルカダイヤモンドは世界で唯一の

感情

感情は抑えるほどせき止められなくなるぐらいになることがある。 一人で過ごす時間が本当に大切で 感情を揺さぶられないことがとても大切 集まりもできる限り行きたくない よく毎日学校に通い、歯医者としても、朝から晩まで 休みもほとんどなく働いたりできたもんだな、と過去に自分に感心する。 大分自分を開放してきたと思うが まだまだどこまでもできるということを感じる。 それを刺激してくれるお客さんや、友人知人