検索
  • selfcrea 石原千紗子

自分の操縦席

どの方にとっても、ご自身以外はみんなわき役だと思います。



どんなに説得力があることを言ってくれる人がいても


タイムウェーバーからいろいろ出てきても

(タイムウェーバーは瞑想と似ていて、その方の中にあるものを抽出して

あらゆる次元でアドバイスをくれるので自分自身に力が戻るためにあると思っています。)


その相手の口やAIを通して


ご自身がご自身に伝えられた情報であり


それを受けることが出来る状態であるご自身の手柄だと思います


私やタイムウェーバーは仲介者で


本来の自分に戻りたい!!!

地球上でも、今世で、今、自分自身に戻って魂で生きたい!


という魂の叫びを持つ方々の、

すすはらいのお手伝いを

お金を頂いてやっている、

と思っています。


私自身もより自分を掘り下げながら

当たり前に魂のままいきていくように


日々瞑想を始めました。


私は、TM瞑想を習いました。


今までシリウスとつながっている方々の瞑想にもYoutubeライブなどで参加して楽しんでいたのですが

歯磨きと同じように

自分の浄化を日々簡単に積み重ねていこうと思いました


まじめな先生でいらっっしゃったので、

不真面目な私はあわないかなあ、とか少し思ったのですが


科学的根拠がある瞑想を体験して地元にも早く広めたいし


タイムウェーバーもお勧めなのですが

必要な情報やメンテナンスを得ることが出来たら

(定期的な軽いメンテナンスや自動アップデータはお勧めです)


すぐ卒業できたらいいかなと思い


瞑想をされていない方にもお勧めできたらという思いで


受けてみました。


 息子にも、瞑想習おうかな、と相談すると、

 それは助かるなあ~ お母ちゃん、記憶力悪すぎるから、頭よくなるから、やったほうがいいよ スーパーマンになれるよ


 と鼓舞されました笑



受けて、TM瞑想始めてめちゃくちゃよかったです



シリウスや宇宙系の楽しい瞑想は、すごくブワッと上昇して

ただ気持ちがよく

瞑想後にグラウンディングが必要ですが


TM瞑想は

重ねるごとに

グラウンディングがしっかりする体感があります。


目の前の現実がよりクリアになり

視界が晴れた感じがします。


目の前のことに集中できます。



タイムウェーバーの体験に来てくださる方々は瞑想を日々実践されておられる方も多くおいでになりますが

 ご自身を向き合われておられるので

タイムウェーバーから出た言葉がとても腑に落ちやすいようです。


瞑想マスターのかただと


タイムウェーバーは全く必要ないようです。



沢山の方法があり、

多様性が大好きでその中から

ほっとして、自分が好きなことをやる


ということだけでよいのだとおもいますが

より楽しく、快適な状態であそぶために


残っている古いものを浄化したり お掃除すると すすはらいすると

より自分自身がクリアになるので



そういう意味で

 ガツ!!!とすす払いしたいときはselfcreaのタイムウェーバーセッションを

 (プロのお掃除やさんに頼む感じ)


 日々歯磨きと同じように

 瞑想を取り入れると

 (日々のお掃除)


 超快適な毎日になるなあって思っています。


21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

地球に生まれたからには

デクラスが始まっていろんな事実が浮上しておりますが 一通り何があったのかを理解したのちに 新しい地球を作っていく 夢を描くということだなと思います。 いつまでも二元論にかかわっているとせっかく空いた檻の中にいつまでもいることになりかねないと自分自身凝りました。 なぜかご神事にかかわることが今年出ておりますが、 今のところ私の結論は 神は存在しない です。 超高次元ではるかに神と呼ぶしかない宇宙存在

先祖からの影響からの解放

本人は悪くないのに、先祖からの影響でいわれのない苦労をなさっている方がたくさんいらっしゃいます。 そこから解放することも一生懸命考えたり探しております 一方でどういう生き方が 先祖としても子供たちや周りの方々(人間以外も)に迷惑をかけないものかということを考えています。 そんな中、この動画が出てきました。 https://youtu.be/5QjSMcU6lkQ (アルカダイヤモンドは世界で唯一の

感情

感情は抑えるほどせき止められなくなるぐらいになることがある。 一人で過ごす時間が本当に大切で 感情を揺さぶられないことがとても大切 集まりもできる限り行きたくない よく毎日学校に通い、歯医者としても、朝から晩まで 休みもほとんどなく働いたりできたもんだな、と過去に自分に感心する。 大分自分を開放してきたと思うが まだまだどこまでもできるということを感じる。 それを刺激してくれるお客さんや、友人知人