検索
  • selfcrea 石原千紗子

孤独感の正体

孤独感やさみしさを感じた場合


結論から言うと


最も近くにいて、今世を生きるのにいつもそばにいてくれる

自分自身をおきざりにしているか

いてくれて、一人になりようがないのに

忘れてしまっているようです。


魂を隠したり

魂を守るために、分厚い被り物を着て

必死に生きてきた戦前戦後から現代にかけて


そうしている間に、

自分自身が何者であったかを見失ってしまったわけです。


でも、それでもいつも常に一番近くにいてくれ続けているので

呼びかけ続けていてくれるので


決して孤独にはなりえません。


そう感じたときは


ご自身が、ご自身を置き去りにしてしまったときです。


他の誰かがいないからではないのです。


誰もわかってくれないからなのではないのです。


ご自身がご自身の存在を思い出したら、孤独なんてありえないことに気づくはずです。


一人で生きていくということではないです


大勢いても

家族に囲まれていても


孤独を感じるというのは


やはりご自身がご自身を見ていないからなのだと思います。


自分には自分が最強の味方で

それは生涯、それ以上も変わらないことを実感していただきたいと思います。


それに気づいたら、自分を味方につけたら


きっと楽しくて仕方がなくなります。




21回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

地球に生まれたからには

デクラスが始まっていろんな事実が浮上しておりますが 一通り何があったのかを理解したのちに 新しい地球を作っていく 夢を描くということだなと思います。 いつまでも二元論にかかわっているとせっかく空いた檻の中にいつまでもいることになりかねないと自分自身凝りました。 なぜかご神事にかかわることが今年出ておりますが、 今のところ私の結論は 神は存在しない です。 超高次元ではるかに神と呼ぶしかない宇宙存在

先祖からの影響からの解放

本人は悪くないのに、先祖からの影響でいわれのない苦労をなさっている方がたくさんいらっしゃいます。 そこから解放することも一生懸命考えたり探しております 一方でどういう生き方が 先祖としても子供たちや周りの方々(人間以外も)に迷惑をかけないものかということを考えています。 そんな中、この動画が出てきました。 https://youtu.be/5QjSMcU6lkQ (アルカダイヤモンドは世界で唯一の

感情

感情は抑えるほどせき止められなくなるぐらいになることがある。 一人で過ごす時間が本当に大切で 感情を揺さぶられないことがとても大切 集まりもできる限り行きたくない よく毎日学校に通い、歯医者としても、朝から晩まで 休みもほとんどなく働いたりできたもんだな、と過去に自分に感心する。 大分自分を開放してきたと思うが まだまだどこまでもできるということを感じる。 それを刺激してくれるお客さんや、友人知人