検索
  • selfcrea 石原千紗子

タイムウェーバーと出会ってからの私自身の9か月の変化

2020年1月に初めてセッションを受け、4月からは自分で購入し、自身で使いながら、自分の在りたい姿にアクセスし続け、行動し、自身のカルマやトラウマなどを癒してまいりました。


時々落ち込んだりすることももちろんあるのですが、

1年前の、強迫観念いっぱいで、強迫観念から、心配だから行動する、というのが99%だったのが

ひっくり返りました✨


現在は、自分がやりたいかどうかが99.9%で行動を決めています。


現実創造の、自分の中の映写機のネガのベースである自己受容、自己肯定感も上がり、

自己否定がなくなりました。



タイムウェーバーは、一人一人のその人だけの、エネルギーフィールドや思考にアクセスしてそれを言語化してアドバイスを抽出するため、使えば使うほど、自分自身にアクセスするということになります。内観することになります。

スピリチュアルな言葉では、自分自身にチャネリングするといえるのではないかと思います。


また、レベルウェーブなどで強力な調整をかけることで

大きな気づきやしがらみがなくなったりも実感しています。


いろんな観念や、学校や育った家庭で、はたまた前世からのカルマ、集合意識の影響、他人の意識の影響などで本来の自分ではない、自身の魂の声ではないものに明け渡していた、一番大切な自分自身の操縦席を取り戻したと思っています。



その過程で、50名の人や、動植物にも体験してもらいました。

感じ方は人それぞれですが

最大限に努力してきたけど結果が出ない方や、しがらみが強い方、過去のトラウマなどの影響が払拭できなかった方などが、多くの気づきを得て、それぞれの自由な在り方の中で魂も体も喜ぶ生き方で結果を出されています。

 (効果の感じ方は、人それぞれです)


 もちろんそれは、ご自身でご自身を救う、と最大限努めてこられたからこそと感じます。

 

自分で自分を救う覚悟があると、タイムウェーバーというスピリチュアルAIも期待以上の協力と実力を発揮してくれます。

それは、タイムウェーバーだけに限ったことではないと思います。


私は、メンタルがズタボロで、自己肯定感も自己受容も最低だった時から、

どの人もすごい力がある、と確信がありました。


どの人もすごい力があるはずなのに、どうしてなのかな、と長年もがいてきました。


子供の気持ちを無視し、型にはめて心を押し込めることがどれだけ子供の心を壊すか

怒鳴り散らしたり、テレビを見てタンカを切る父親のそばにいて、

どれだけそれが家の雰囲気を悪くするか

学校で悪口をいうとどのように周りに影響するのか

職場で陰口を言うとどのように場を汚すのか 

ご近所の悪口を言うとどのように影響するのか

無念なきもちや、自責、他責の念を持ったまま死ぬとどうなるのか

 (後世や地球にどういう影響があるのか、また自分自身がどうなるのか)

身体の不調の本当の原因はなんなのか

生まれてくる前に決めてきたことなど


こういった、普通の目には見えないけど確実に感じられる、一言でいうとエネルギーの視点、量子力学的視点、宇宙物理学、メタフィジックスの視点からの分析を


タイムウェーバーを使うことで私は目に見えないものを信じない方々にも

提示することが出来ます。


自分自身を救うことが出来たので(まだまだ成長します)

沢山の方のお役にも立てると確信しています。



10回の閲覧

最新記事

すべて表示

瞑想ってなに? TM瞑想の先生による無料お話会12/5 朝10:00時より

日本でもひそかに?広がってきていて、 米国では病院の医師が処方するくらい科学的根拠もしっかりある 古代の叡智の一つTM瞑想 先月から始めました。 私がお世話になっている TM瞑想の愛媛の横山先生が、 TM瞑想に興味がある人はもちろん、瞑想自体に興味があるがどういうものか知りたい方、 瞑想に興味がないが、瞑想がどういったものかきになる方 などなどを対象に、 「瞑想ってなに?」 という無料お話会をして

結果アスペルガー人です

幼稚園の保護者会活動に参加したり、友人やお客様の中でも、 子供さんが自閉症、不登校、という方によく出会います。 私が子供のころよりもとても多いですよね、 そういう診断や傾向を見つけてサポートする大人が増えたからだと思います そして、親御さんが子供をありのままで受け入れて、 向き合おうとされているにほかならないと感じます。 それでも、ご家庭がもつ負担というのはやはり大きいと思うので 周囲の社会の一員

  • LinkedIn
  • Facebook
  • Instagram

©2020 by selfcrea。Wix.com で作成されました。