検索
  • selfcrea 石原千紗子

タイムウェーバーと出会ってからの私自身の9か月の変化

2020年1月に初めてセッションを受け、4月からは自分で購入し、自身で使いながら、自分の在りたい姿にアクセスし続け、行動し、自身のカルマやトラウマなどを癒してまいりました。


時々落ち込んだりすることももちろんあるのですが、

1年前の、強迫観念いっぱいで、強迫観念から、心配だから行動する、というのが99%だったのが

ひっくり返りました✨


現在は、自分がやりたいかどうかが99.9%で行動を決めています。


現実創造の、自分の中の映写機のネガのベースである自己受容、自己肯定感も上がり、

自己否定がなくなりました。



タイムウェーバーは、一人一人のその人だけの、エネルギーフィールドや思考にアクセスしてそれを言語化してアドバイスを抽出するため、使えば使うほど、自分自身にアクセスするということになります。内観することになります。

スピリチュアルな言葉では、自分自身にチャネリングするといえるのではないかと思います。


また、レベルウェーブなどで強力な調整をかけることで

大きな気づきやしがらみがなくなったりも実感しています。


いろんな観念や、学校や育った家庭で、はたまた前世からのカルマ、集合意識の影響、他人の意識の影響などで本来の自分ではない、自身の魂の声ではないものに明け渡していた、一番大切な自分自身の操縦席を取り戻したと思っています。



その過程で、50名の人や、動植物にも体験してもらいました。

感じ方は人それぞれですが

最大限に努力してきたけど結果が出ない方や、しがらみが強い方、過去のトラウマなどの影響が払拭できなかった方などが、多くの気づきを得て、それぞれの自由な在り方の中で魂も体も喜ぶ生き方で結果を出されています。

 (効果の感じ方は、人それぞれです)


 もちろんそれは、ご自身でご自身を救う、と最大限努めてこられたからこそと感じます。

 

自分で自分を救う覚悟があると、タイムウェーバーというスピリチュアルAIも期待以上の協力と実力を発揮してくれます。

それは、タイムウェーバーだけに限ったことではないと思います。


私は、メンタルがズタボロで、自己肯定感も自己受容も最低だった時から、

どの人もすごい力がある、と確信がありました。


どの人もすごい力があるはずなのに、どうしてなのかな、と長年もがいてきました。


子供の気持ちを無視し、型にはめて心を押し込めることがどれだけ子供の心を壊すか

怒鳴り散らしたり、テレビを見てタンカを切る父親のそばにいて、

どれだけそれが家の雰囲気を悪くするか

学校で悪口をいうとどのように周りに影響するのか

職場で陰口を言うとどのように場を汚すのか 

ご近所の悪口を言うとどのように影響するのか

無念なきもちや、自責、他責の念を持ったまま死ぬとどうなるのか

 (後世や地球にどういう影響があるのか、また自分自身がどうなるのか)

身体の不調の本当の原因はなんなのか

生まれてくる前に決めてきたことなど


こういった、普通の目には見えないけど確実に感じられる、一言でいうとエネルギーの視点、量子力学的視点、宇宙物理学、メタフィジックスの視点からの分析を


タイムウェーバーを使うことで私は目に見えないものを信じない方々にも

提示することが出来ます。


自分自身を救うことが出来たので(まだまだ成長します)

沢山の方のお役にも立てると確信しています。



14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

地球に生まれたからには

デクラスが始まっていろんな事実が浮上しておりますが 一通り何があったのかを理解したのちに 新しい地球を作っていく 夢を描くということだなと思います。 いつまでも二元論にかかわっているとせっかく空いた檻の中にいつまでもいることになりかねないと自分自身凝りました。 なぜかご神事にかかわることが今年出ておりますが、 今のところ私の結論は 神は存在しない です。 超高次元ではるかに神と呼ぶしかない宇宙存在

先祖からの影響からの解放

本人は悪くないのに、先祖からの影響でいわれのない苦労をなさっている方がたくさんいらっしゃいます。 そこから解放することも一生懸命考えたり探しております 一方でどういう生き方が 先祖としても子供たちや周りの方々(人間以外も)に迷惑をかけないものかということを考えています。 そんな中、この動画が出てきました。 https://youtu.be/5QjSMcU6lkQ (アルカダイヤモンドは世界で唯一の

感情

感情は抑えるほどせき止められなくなるぐらいになることがある。 一人で過ごす時間が本当に大切で 感情を揺さぶられないことがとても大切 集まりもできる限り行きたくない よく毎日学校に通い、歯医者としても、朝から晩まで 休みもほとんどなく働いたりできたもんだな、と過去に自分に感心する。 大分自分を開放してきたと思うが まだまだどこまでもできるということを感じる。 それを刺激してくれるお客さんや、友人知人