検索
  • selfcrea 石原千紗子

タイムウェーバーとはなんぞや(転載)

最終更新: 10月2日

タイムウェーバー(*1)とは、ドイツ人の物理学者マーカス・シュミーク氏がラジオニクス(意識を測定する機械で、機械で視る占いのような物)をベースとして作った機械です。

タイムウェーバーを一言で言うならば、人の想念を完全にシャットアウトし、時間というパラメーターを使うことによって、過去から未来まで見通すことの出来る究極のラジオニクスと言えるでしょう。

当初のラジオニクスは非常に不安定で、セラピスト(観測者)のノイズが入り使えた物ではありませんでした。 そこでマーカス氏は、人の出す想念をシャットアウト出来るコズイレフ・ミラー(宇宙物理学者ニコライ・コズイレフ氏発明)を機械の中に入れ、セラピストのノイズを無くす事に成功しました。

さらにインドの僧侶としての経験を持つマーカス氏は、自らの悟りから得た物質と精神の関係性と、ブルクハルト・ハイム氏が唱える12次元説の統一量子場理論が一致している事に感銘をうけ、意識の領域(7次元以上)にアクセスする方法として、素粒子の最小単位である光子(こうし)を観測材料とすることでアクセス可能であると考え、光量子効果とダイオードのホワイトノイズを使い、肉体と意識のエネルギー体全ての情報を持っているインフォメーションフィールド(*2)を観測出来る機械を完成させました。 それがTime Waverです。

タイムウェーバーは観測だけでなく、インフォメーションフィールドの混乱を調整する為に生命体が必要とするポジティブな振幅パターンを直接送信し、適正化(*3)を行えることも大きな特徴です。

(*1)タイムウェーバーは、既存の化学、既存の医学では認められていません。 (*2)インフォメーションフィールドの存在は科学的に認められておりません。 (*3) 適正化という言葉と状態は既存の科学では証明されていません。



19回の閲覧

最新記事

すべて表示

瞑想ってなに? TM瞑想の先生による無料お話会12/5 朝10:00時より

日本でもひそかに?広がってきていて、 米国では病院の医師が処方するくらい科学的根拠もしっかりある 古代の叡智の一つTM瞑想 先月から始めました。 私がお世話になっている TM瞑想の愛媛の横山先生が、 TM瞑想に興味がある人はもちろん、瞑想自体に興味があるがどういうものか知りたい方、 瞑想に興味がないが、瞑想がどういったものかきになる方 などなどを対象に、 「瞑想ってなに?」 という無料お話会をして

結果アスペルガー人です

幼稚園の保護者会活動に参加したり、友人やお客様の中でも、 子供さんが自閉症、不登校、という方によく出会います。 私が子供のころよりもとても多いですよね、 そういう診断や傾向を見つけてサポートする大人が増えたからだと思います そして、親御さんが子供をありのままで受け入れて、 向き合おうとされているにほかならないと感じます。 それでも、ご家庭がもつ負担というのはやはり大きいと思うので 周囲の社会の一員

  • LinkedIn
  • Facebook
  • Instagram

©2020 by selfcrea。Wix.com で作成されました。